保育士や塾アルバイトを考えている方へ│採用試験を受ける前の心得

幅広い選択肢があります

保育士と子供

保育士のなかには転職して、別の保育園で働きたいと考えている方がいると思います。そのような方は、どのような保育園で働きたいのかを考えることが大切です。保育を専門にしている方ならご存知だと思いますが、一口に保育園といっても実態は様々な形態があります。一般的な認可保育園を転職した方なら、キャリアをつむために、今度はスタイルが異なる保育園で保育士として働いてみるのもいいかもしれません。たとえば、企業や病院にある事業所内保育所などがあります。企業のなかには、社内に保育所を設けているところがあり、そこは父親や母親が職場に向かう前に預けるところです。利用者側のメリットとしては、社内にある保育所なので何か子どもに緊急事態があった場合は、すぐに駆けつけることできるという点です。他には、新しく開園される認可保育園で保育士として働くこともできます。前の職場の保育園を退職された方のなかには、園長や職場の雰囲気に合わなかったという方がいるかもしれません。そのような方は、新しく認可された保育園で働いてみるのもいいでしょう。まだ園の雰囲気や教育理念などが具体的にはまとまっていないので、自分の好きなように雰囲気作りをすることができます。しかし、試行錯誤しながらの保育となりますので、開園初期の頃はかなり多忙になってしまう可能性があります。忙しすぎるのは嫌だと感じる方には、このような園に転職するのはおすすめできません。学童保育などがしてみたいという方は、児童館などに転職することもできます。学童は幼稚園生から小学生までいるので、幅広い年齢の児童と保育士として接することが可能です。