保育士や塾アルバイトを考えている方へ│採用試験を受ける前の心得

身だしなみが大切です

勉強

塾講師として働く前に、身だしなみに注意したほうがいいとされています。まず、基本的な服装としてはスーツが最もいいでしょう。塾講師は大学生がアルバイトですることが多いですが、大学生活の延長であまりにも緩すぎる服装で行くのは、避けたほうがいいとされます。男女ともに清潔感のある服装で、授業に臨むことが大切です。その理由は、塾講師を含めた教師という仕事全般は、生徒からの信頼が大切だとされているからです。信頼されない教師は生徒から授業を聞いてもらうことができません。大人の立場で叱ることもできますが、子どもの立場からすれば、信頼できない大人からは何を言われても聞く耳持たないとされています。また、叱ると余計な体力を使うので、できれば授業やその準備以外では労力を使いたくないというと考えている現役の塾講師も多いとされます。そのため、できるだけ生徒から信頼されて授業を聞いてもらう講師になることが大切です。その第一歩として、服装をしっかりとするようにしましょう。また、服装以外でも身だしなみには気を遣う必要があります。特にタバコの臭いは、生徒や保護者にも不快に思われることがあります。喫煙者の方は、職務中はできるだけ喫煙を控えたほうがいいでしょう。また、自分は喫煙者ではなくても、家族やよく一緒にいる友人が喫煙者だという方もいると思います。その場合は、出勤前に消臭スプレーなどをかけておく、といったような対策をすることが大切です。特に中高生といった年代と接するときは、臭いに敏感な生徒が多いので、注意するようにしましょう。