保育士や塾アルバイトを考えている方へ│採用試験を受ける前の心得

教育理念を見て決めよう

保育士の女性

保育園で保育士として働きたいと考えている方は、自分の教育方針と保育園の教育理念が合致しているところで働くことが大切です。HPなどで理念を見ることができるので、それを参考にして、採用試験を受けるか決めるといいでしょう。

もっと読む

教育者として働く前に

教師

保育士として働きたいと考えている方は、できるだけ自分の教育方針に合った理念を持っている保育園で働くことが大切です。保育園の園長先生や他の先生方と馬が合わずに、転職した保育士は多いとされています。保育園の考え方を知るには、園のHPなどを確認するといいでしょう。HPには教育理念などが載っていることがあるので、それを参考にして採用面接を受けるのか決めてもいいと思います。また、HPには園で開催されたイベントなどが写真付きで載っていることがあるので、そこから園の雰囲気を読み取ってもいいでしょう。しかし、働く場所を認可保育園と限定する必要はありません。保育の現場は既存の保育園だけではないからです。毎年、新しい認可保育園は開園されているので、そこの新設メンバーとして、一から雰囲気作りを始めてもいいでしょう。企業や病院のなかにある保育所に就職するのもいいでしょう。一般的な保育園とは違う雰囲気の職場で働くことは、自分のキャリアを確実にアップさせてくれると思います。比較的年齢が高い子どもたちと接したければ、児童館などで学童保育をすることも可能です。教育関連という幅広い視点で考えたときは、塾アルバイトの採用試験を受けてみるのもいいでしょう。塾アルバイトは、中高生など大人に近い生徒に勉強を教えるのが主な仕事です。このような塾講師は、生徒と信頼関係を築くことが大切なので、できるだけ身だしなみに気を付けることが大切です。清潔感な服装で授業に臨むことがベターなので、男女ともにスーツを着用することが無難とされます。喫煙者の方は、タバコの臭いに敏感な生徒もいるので注意するようにしましょう。

身だしなみが大切です

勉強

塾講師が円滑に授業を進めるには、生徒から信頼されていることが大切になります。その第一歩として、最低限の身だしなみには気を遣いましょう。スーツなどの清潔感のある服装を心がけ、タバコの臭いには注意する必要があります。

もっと読む

幅広い選択肢があります

保育士と子供

保育士として転職する場合、様々な再就職先の選択肢があります。企業や病院のなかにある保育所で働くこともできますし、新しく開園される認可保育園で雰囲気作りから始めることも可能です。

もっと読む